わきがは治せる!知って得する様々な治療法

そもそもわきがって?

わきがとは腋臭症とも呼ばれ、脇のにおいが強い状態のことをいいます。

個人差はあるものの、誰でも汗をかいた時などに脇のにおいは発生しますが、単純な汗臭さとわきがは異なるのが特徴です。

脇にはアポクリン汗線という汗を出すための外分泌腺が多く存在しているのですが、わきがの原因になる汗はこのアポクリン汗線から出てきます。通常の汗は透明であるのに対し、アポクリン汗線から出た汗は乳白色です。汗だけではにおいは発生しませんが、汗と皮膚などの雑菌を分解するための細菌が混ざり合うことで、不快なにおいを発生させます。わきがの人にはコリネバクテリウムという細菌が多いことが分かっており、この細菌がわきがの原因になっています。

わきがにはどんな治療法があるの?

わきがは体質的なものだから、治せないのでは…と思われている方も少なくないのではないでしょうか。ですが諦める必要はありません。症状の状態に合わせた様々な治療法があるので、いくつか紹介していきます。

それほど重度ではない場合には、電気凝固法があります。これは電気の針を脇に刺し治療を行うもので、高周波電流の力でアポクリン汗線や皮脂腺にダメージをあたえるもの。ダウンタイムも必要ないため、気軽に治療を受けることができます。塗り薬の塩化アルミニウム液や内服薬の臭化プロバンテリンもあります。

重度の場合では、手術が行われることも。3~5センチほど切開しアポクリン汗線を切除する剪除法や、小さな穴から汗線や皮脂腺を吸い取る皮下組織吸引法など、治療法の選択肢は意外と多いのです。

わきがは治療する事によって改善されて臭いが気にならなくなります。人によって変化が異なるので病院で診察してもらうと良いです。