髪の毛の減少は防ぐことが出来る!?抜け毛の仕組みを知って適切に対処しよう!

抜け毛に見舞われる原因と生活習慣の影響

抜け毛は一般的には髪の毛が抜け落ちる状態を指します。かつては中高年層の男性に多く見られた抜け毛ですが、近年では年齢や性別に関係無く誰でも髪の毛が減少してしまう可能性があります。抜け毛は毛根の働きが停止して新しい頭髪が形成されなくなった際に生じます。髪の毛の形成は女性ホルモンの分泌量が大きく関わっているので、従来は女性や若年層には抜け毛は無いと考えられていました。しかし、生活様式の多様化が進み、女性でもホルモンの分泌量が減少するケースが増加したことで抜け毛の発症率も比例して増える傾向があります。抜け毛は女性ホルモンの減少の他、頭皮の汚れや疲労の蓄積なども原因に含まれます。そのため、若い世代でも髪の毛が抜け落ちてしまう状態に陥ってしまいます。

髪の毛のボリュームを保つためのポイント

髪の毛は毛根の機能が停止して抜け落ちると新しく生えることはありません。そのため、日頃から健康状態に気を配って抜け毛を未然に防ぐことが重要になります。髪の毛の量は女性ホルモンの分泌量に左右されるので、女性ホルモンが増えるように生活面で改善を図るのが効果的な対処法です。食事のメニューを見直し、女性ホルモンの分泌を促すように食材選びを工夫することで髪の毛のボリュームを保つことが可能になります。また、頭皮が不潔になって毛穴に汚れが詰まるのも抜け毛の誘発に繋がるので、こまめに洗髪を行って汚れを落とし、清潔に保つことを心がけます。十分に休息を取って疲労やストレスの蓄積を防ぐのも髪の毛の保護に繋がるので、毎日の暮らしを健やかに営むことを心がけることが大切です。

ヘアサイクルが乱れると抜け毛が増えます。薄毛になってから困らないために、規則正しい生活習慣をして、ヘアサイクルの乱れを整えることが大切です。